カード決済によるポイントと年会費の関係

クレジットカードを利用して決済を行うカード決済には、利用金額に応じたポイントバックが行われるものが大半となります。そのポイントバック率は一般的には0.5%程度となりますが、中には1~2%以上のものも存在します。



高還元となるカードは年会費が発生するものが大半となりますが、利用金額によっては、その年会費を大きくカバーできるため、非常にお得となるでしょう。



例えば、年会費2000円で、2%の還元率のカードで年間100万円分のカード決済を行うと、2万円分のポイントバックとなり、年会費を差し引いても18000円分のポイントを得ることができるため、年会費無料で1%のカードを利用するよりもお得となります。

この場合、年間30万円を超える場合であれば、前者の方がお得となるため、自分自身の年間利用額をしっかりと把握してカードを選択することが望ましいといえるでしょう。しかし、水道代や電気代といった光熱費や電話代、ネット回線費用といった通信費、保険代などもカード決済がほぼ出来るため、こうした固定費の支払いだけでも年間30万円をカバーすることは容易といえます。



また、税金の支払いやギフトカードの購入にはカード決済が不可能なものもありますが、一部の電子マネーを用いてコンビニ決済が可能な物もあるため、電子マネーにクレジットカードを用いてチャージすることで間接的にカード決済が可能となるものも存在します。

より高い還元率のカードを選択することが、大きな節約につながることになるでしょう。